住友電工情報システム

本格的なワークフローも簡単・スピーディに実現し、
グローバルにも対応した電子承認・電子決裁システム
楽々WorkflowII

  1. HOME >
  2. 製品情報 >
  3. 楽々WorkflowII >
  4. 利用シーン >
  5. 経費・旅費精算

経費・旅費精算

経費・旅費精算をスムーズに行いたい。

楽々WorkflowIIなら
POINT 1

一覧入力形式で動的な行追加が可能。

一覧入力形式のフォームも楽々WorkflowIIの画面から簡単に作成できます。
行追加や合計値の自動計算などの機能も標準でついており、設定一つで実現することが可能です。

POINT 2

既存の会計システムと連携ができる。

社内で利用している一般会計システムと楽々WorkflowIIを連携し、データのやり取りを行なうことが可能です。
楽々WorkflowIIではAPIを多数提供しているほか、CSV連携、DB処理など、それらを利用して会計システム側へデータを流し込むことができます。

POINT 3

駅探「乗り換え案内ASPサービス」との連携。

駅探「乗り換え案内ASPサービス」と連携し、経路検索、運賃計算などを行い、結果を旅費精算に取り込むことができます。
経路・運賃検索では、細かな条件指定、駅名入力のサジェスト機能などを使って、検索することができます。

駅探「乗り換え案内ASPサービス」との連携イメージ
詳細な機能はこちら

フォームを簡単作成

誰でも、簡単にフォームを作成できます。
さらに、既存のExcelフォームも楽々WorkflowIIに取り込むことができます。

申請フォームを自動生成

申請フォームで使用するデータ項目を設定するだけで、フォームを自動で生成。
各データ項目ごとに、入力セルの表示幅、入力形式(手入力/ラジオボタン/チェックボックス等)、必須項目か任意項目等の設定をすることにより、思い通りの申請フォームを設計できます。

データ項目を設定するだけで、フォームを自動で生成

イメージそのままに

フォームのレイアウトを変えたいと思った時には、HTMLやCSSといった特別な知識なく、イメージそのままに変更できます。
設定画面上で項目を動かすだけで、レイアウトを自由に編集できます。

設定画面上で項目を動かすだけで、レイアウトを自由に編集できます

Excelを活用

現在、運用中のExcel帳票をご活用いただけます。
Excelで作成された各種申請フォーマットを楽々WorkflowIIに読み込むことにより、フォームを作成することができます。

現在、運用中のExcel帳票をご活用いただけます

承認印を文書に表示

文書承認時に、承認者の氏名や日付の入った承認印を表示できます。

承認者の氏名や日付の入った承認印を表示できます

複数行の入力フォーム

複数行を入力するフォームも、簡単に設定できます。
また、一覧に表示する小計や、総合計などの設定もマウスだけの操作で設定できます。

複数行を入力するフォームも、簡単に設定できます

エラーチェック、画面上の自動計算を簡単実現

ユーザの入力ミスを防ぎたい。項目に値を入力したら自動で計算するようにしたい。
条件、表示するエラーメッセージや計算式を設定するだけで、ユーザが使いやすいフォームを作成できます。

ユーザが使いやすいフォームを作成できます

豊富なシステムとの連携手法

Java、.NETなど、様々な環境で開発された業務システムへ、楽々WorkflowIIをアドオンすることができます。
既存のWeb業務システムに対して加えるカスタマイズは、楽々WorkflowIIを呼び出すリンクを出力させるだけです。
申請・承認業務は楽々WorkflowIIから業務システム画面を読み込みながら実行可能ですので、新たに申請・承認画面を作成する必要はありません。
今までの業務スタイルを変えずに、ワークフローを導入できます。

ポイント1:既存システムの画面を楽々連携

ポイント2:Web-APIの利用

既存のWebシステムから、楽々WorkflowIIをワークフローエンジンとして利用することができます。
既存システム側のHTMLに、Web-APIのURLを指定するだけで楽々WorkflowIIの申請・承認機能を使用することができますので、既存システムの変更を最小限に抑えることができます。

ポイント3:データCSV出力機能

楽々WorkflowIIの文書データをCSV形式で出力できます。
承認・決裁後に既存の業務システム(会計システムなど)のデータ連携も実現でき、利用用途がさらに拡がります。

路線検索オプション

交通費申請に便利な「経路検索機能」を、フォーム上に簡単に組み込むことができます。

ポイント1:出張旅費の自動入力

文書作成時に経路を検索して金額を自動入力できます。
また、定期区間を設定しておくことで、定期金額を差し引いた交通費を表示します。

経路検索の便利な機能

1インクリメンタルサーチ
出発駅、到着駅入力時に候補を表示します(サジェスト機能)。
2運賃条件(2重運賃対応)
ICカード優先・切符優先に対応します。
3新幹線(EX-IC対応)
EX-IC・e特急券に対応します。
4有料特急有無
検索結果に特急を含めるかどうか選択できます。
5座席指定選択
特急料金が発生する場合、自由席・指定席・グリーン車などプルダウンメニューから選択できます。
6航空会社優先指定
航空会社の優先。なし、JAL、ANA、その他から選択できます。
7定期代情報表示
定期代情報には、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月の情報を表示します。
8定期区間除外
あらかじめ定期区間を登録しておくと、自動で定期区間の料金を除外して計算します。
9多国語対応
英語表示、中国語(簡体字)表示にも対応します。 ※オプション

ポイント2:照会表示

ポップアップで登録時の情報を再確認できます。
例えば、経理担当者が出張旅費申請の金額を簡単に確認することができます。

多言語対応Web決裁ワークフローシステム 楽々WorkflowII
ページの先頭へ