住友電工情報システム

本格的なワークフローも簡単・スピーディに実現し、
グローバルにも対応した電子承認・電子決裁システム
楽々WorkflowII

ホーム > 製品情報 > 楽々WorkflowII > 利用シーン一覧 > 利用シーン:ERPシステムとの連携

ERPシステムとの連携

ERPシステムにワークフロー機能をアドオンしたい。

楽々WorkflowIIなら
POINT 1

基幹システムへワークフロー機能を簡単に
追加することが可能。

例えば、受注情報を登録するERPシステムの画面に「出荷指示へ」のボタンを追加しておけば、受注登録者がそのボタンをクリックするだけで、 出荷指示→承認のワークフローを起動することができます。
出荷指示担当者や承認者は楽々WorkflowIIから自動送信される承認依頼通知メールを見て承認入力します。 最終の出荷手配完了入力でワークフローは完了となり、請求処理を行う業務担当者に出荷完了通知メールが送信されます。
これらは楽々WorkflowIIが用意している豊富なWebAPIやJavaAPI経由で実現可能です。
さらに画面丸ごと設定のみで連携もでき、即座にワークフロー機能を組み込むことができます。

ERPシステム
詳細な機能はこちら

豊富なシステムとの連携手法

Java、.NETなど、様々な環境で開発された業務システムへ、楽々WorkflowIIをアドオンすることができます。
既存のWeb業務システムに対して加えるカスタマイズは、楽々WorkflowIIを呼び出すリンクを出力させるだけです。
申請・承認業務は楽々WorkflowIIから業務システム画面を読み込みながら実行可能ですので、新たに申請・承認画面を作成する必要はありません。
今までの業務スタイルを変えずに、ワークフローを導入できます。

ポイント1:既存システムの画面を楽々連携

ポイント2:Web-APIの利用

既存のWebシステムから、楽々WorkflowIIをワークフローエンジンとして利用することができます。
既存システム側のHTMLに、Web-APIのURLを指定するだけで楽々WorkflowIIの申請・承認機能を使用することができますので、既存システムの変更を最小限に抑えることができます。

ポイント3:データCSV出力機能

楽々WorkflowIIの文書データをCSV形式で出力できます。
承認・決裁後に既存の業務システム(会計システムなど)のデータ連携も実現でき、利用用途がさらに拡がります。

多言語対応Web決裁ワークフローシステム 楽々WorkflowII
ページの先頭へ