住友電工情報システム
ビックデータ時代の全文検索・情報活用システム QuickSolution10
HOME > 製品情報 > QuickSolution 10 > 機能 > 分析機能

分析機能

Know-Who、可視化、シソーラスビルダなど、充実した分析系機能をご紹介します。
また、検索ログを集計・分析することで、検索キーワードランキングレポート、コンテンツホールレポートなど、目的にあったレポートを出力することが可能です。

Know-Who機能

検索キーワードに詳しい人や部署をお知らせします。
人・部署を選択して絞り込み検索も可能、人や部署の連絡先なども画面で確認できます。
人別か部署別の表示は1クリックで切り替えできます。

可視化機能 (オプション)

全文検索結果の各ドキュメント間の関係を視覚的に表示することが可能です。
関連するドキュメントを分類します。

  • グルーピング表示
  • 重要語一覧を表示
  • 各種属性ごとに表示

※2つの属性検索フィールドをクロス集計、グラフ表示し、検索結果を詳細分析することもできます。

<導入事例> 東京大学様

シソーラスビルダ (オプション)

インデックス生成済みの検索対象に対し、統計処理を用いて自動的にシソーラス(類似語)候補を抽出することが可能です。

利用状況レポート・グラフ表示

検索回数、ログイン回数、元文書アクセス数等の推移をグラフ表示して、検索システムの利用状況を把握できます。

検索ログ集計・レポート

検索ログファイルを集計し、目的に合わせたレポートを出力できます。

  • ・ 人気の検索キーワード、一定期間ごとのランキング推移、コンテンツホール(検索結果が0件だったキーワード)等を把握することにより、提供するコンテンツの見直しに役立てることができます。
  • ・ 検索頻度(負荷状況)等を確認することで、利用状況の把握やシステム改善の検討に役立てることができます。
  • ・ 社内の部署/ユーザごとの利用状況を把握することにより、検索システムの利用促進策などの検討に役立てることができます。
  • ・ いつ、だれが、どのような検索を行ったのかを確認できるため、監査目的など幅広い用途でご利用頂けます。

検索ログ集計・レポート

ページの先頭へ