住友電工情報システム株式会社
サイトマップお問い合わせ検索
Powered by QS Rainbow
ニュース イベント 製品情報 会社情報 リクルート
 
HOME > 最新ニュース一覧 > ニュースリリース
ニュース
最新ニュース一覧
ニュースバックナンバー
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年以前
メルマガ配信申込はこちら
お問い合わせはこちら
 
 

ニュースリリース

Web購買システムの最新版「楽々ProcurementII Ver.3.0」の販売を開始

2009年6月30日
住友電工情報システム株式会社

住友電工情報システム株式会社は、Web購買システムの最新版「楽々ProcurementII Ver.3.0」を開発し、本日より販売を開始します。

 「楽々ProcurementII」は、多様な購買品目・発注形態への対応を可能とした購買システムです。本システムは、調達コストの大幅な削減が可能という特長に加え、豊富な業務機能、短期間で構築可能なシステムの柔軟性などの特長により、これまで多様な業種の企業で導入・運用されてきました。

 また、購買申請・検収に関する業務ルールやサプライヤ選定基準を明確化することが可能な点、推奨品購買の推進、管理外購買の低減により購買統制を実効あるものにすることが可能な点などが評価され、購買業務における内部統制の強化策としての活用も進んでいます。

 今回開発した「楽々ProcurementII Ver3.0」は、購入品カタログ、グリーン調達対応、見積査定、契約検収、管理帳票など、大幅な機能強化を行い、調達コストのさらなる削減を実現します。また、中小規模のお客様も導入しやすくするために、今回のバージョンより機能や規模を絞り込んだ製品モデルを追加したほか、オープンソースソフトウェアのミドルウェアにも対応させ、導入費用を大幅に削減しています。

 「楽々ProcurementII Ver3.0」の主な特長は以下のとおりです。

  1. 初期費用7百万円で導入可能
    新たに追加された購買部門機能中心の中規模限定モデル「楽々ProcurementII Model SS」と、オープンソースのミドルウェアを組み合わせることにより、ハードウェア、ソフトウェア、導入サポートの初期導入費用合計で7百万円以下(税別)の低価格にてご提供することが可能となりました。*1
    またランニングコストについても、年間2百万円以下(税別)とする予定です。
  2. 運用形態や規模にあわせて選択可能な5つの製品モデル
    購買部門およびサプライヤ向け機能に特化し、社内依頼部門向け機能を省いた低価格の製品モデルを新たに追加しました。これにより、現状紙ベースの伝票で購買業務を行っている企業の場合、購買部門の業務をまずシステム化することで業務効率化、コスト削減を短期間で実現することが可能です。また、社内各部署で個別に購買業務を行っている企業の場合、各部署を購買部門とみなしてシステム化することで各部署の業務を効率化するとともに、将来の集中購買化に向けての購買実績データを蓄積することが可能です。 また、発注件数やユーザ数などの規模に応じて、大規模向けの製品モデルと、中規模に限定した低価格の製品モデルを新たにご提供するほか、既存の基幹システムで購買業務を運用中の企業向けに、サプライヤとのデータ授受を簡単にシステム化する製品モデルも追加しました。
    製品モデルは次の5つとなります。
    モデル名 機能制限 規模制限 ライセンス費用(税別)
    Model GL フル機能 大規模向け 12,000千円
    Model GS フル機能 中規模限定*4 8,000千円
    Model SL 購買部門向け*2 大規模向け 8,000千円
    Model SS 購買部門向け*2 中規模限定*5 4,000千円
    Model EX サプライヤ接続専用*3 大規模向け 5,000千円

  3. オープンソースソフトウェア(OSS)への対応
    注文書や見積書などの電子帳票を作成する帳票出力ソフトとして、OSSのJasperReportsに対応しました。また低価格の製品モデルであるModel GS、Model SSでは、OSSのデータベースソフトPostgreSQLに対応しています。これにより初期導入費用、保守運用費用とも削減することが可能となりました。

以 上

*1 ハードウェアは、サーバ1台(アプリケーション・サーバ、データベース・サーバ、PDFサーバ、FAXサーバ兼用)を含みます。ソフトウェアは、 OS、ミドルウェア、楽々ProcurementII Model SSライセンスを含みます。導入サポートは、インストール・納品作業、1日オンサイトでの説明会実施、試用期間1か月間の電話・メールサポート、試用期間後の本番切替作業を含みます。
*2 Model SL, SS, EXでは、購買部門向け機能、サプライヤ向け機能をご提供します。依頼部門向け機能は提供されません。
*3 Model EXの購買部門向け機能は、見積・発注状況照会など照会系機能に限定されます。また、別途、必要なインタフェースオプションを追加いただく必要があります。
*4 Model GSは、月間発注件数3,000件まで、社内登録ユーザ数300まで、同時利用ユーザ数30までとなります。
*5 Model SSは、月間発注件数2,000件まで、社内登録ユーザ数100まで、同時利用ユーザ数20までとなります。

[補足資料]

楽々ProcurementII Ver.3.0より追加した機能

ローカルカタログ サプライヤから入手した購入品カタログデータを、購買部門の承認により自社内のカタログとして登録。
サプライヤがインターネット経由で直接アップロード可能。
グリーン調達対応 グリーン調達、エコ調達の分類を可能とし、管理資料で購入実績を集計。
別紙サンプル送付 電子化できない仕様書、サンプル品をサプライヤに送る業務を支援。
(Model GS, GSのみ)
発注時
見積依頼書発行
発注または当初書面発行と同時に見積依頼書を発行。
見積査定 購買部門で判断が難しい見積を要求元で査定。
(Model GL、GSのみ)
入荷検収業務分離 入荷業務と検収業務を別々に行うことが可能。
購買部門でも実行可能。
契約検収 保守、サービス、人材派遣などの契約情報に基づいて検収。
その他検収 検収情報のみを登録して会計システムに支払情報を接続。
管理資料 発注・検収実績、グリーン調達比率、調達コスト削減実績、取引先納期遵守率などを出力。
カタログ
高速全文検索
(オプション機能)
全文検索システムQuickSolutionの検索技術を応用して大規模な購入品カタログも高速に全文検索。あいまい検索にも対応。

楽々ProcurementIIの動作環境

サーバOS Linux/ UNIX/ Windows
アプリケーションサーバ Tomcat/ WebSphere 他
データベース DB2/Oracle / PostgreSQL
クライアント Internet Explorer/ Firefox

製品Webサイト

楽々ProcurementIIのWebサイト http://www.sei-info.co.jp/products/products_pro_top.html

  • 楽々Procurementは、住友電気工業株式会社の登録商標です。
  • JasperReportsは、米国 JasperSoft Corporation の商標です。
  • QuickSolutionは、住友電気工業株式会社の登録商標です。
  • Windows、Internet Explorerは米国 Microsoft Corp. の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
  • Linux は、Linus Torvalds の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
  • WebSphere、DB2 は、米国 International Business Machines Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
  • Tomcatは、Apache Software Foundation の商標です。
  • Oracle は、米国Oracle International Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
  • PostgreSQLは、PostgreSQL の商標です。
  • Firefoxは、米国Mozilla Foundationの米国及びその他の国における商標または登録商標です。
  • UNIXは、X/Open company Limited の商標または登録商標です。
  • その他、本書に記載されている会社名、製品名等は各社の商標または登録商標です。

住友電工情報システム株式会社の概要

設立 1998年10月1日
資本金 4.8億円
従業員数 360名
代表者 代表取締役社長 白井 清志
本社所在地 大阪市淀川区西宮原2-1-3(SORA新大阪21ビル)
事業内容 各種業務用ソフトウェアの開発・販売
パッケージ・ソフトの開発・販売 他

製品に関するお問い合わせ先

住友電工情報システム株式会社 システム営業部
TEL: 03-6722-3480 Email:rakrak@sei-info.co.jp


本件に関するお問い合わせ先

住友電工情報システム株式会社 マーケティング室
TEL: 06-6394-6754 Email:mkt@sei-info.co.jp

このページの先頭へ
最新ニュース一覧へ

 
(C)Sumitomo Electric Information Systems CO., LTD.
サイトのご利用にあたって 著作権 商標等 個人情報保護方針