住友電工情報システム株式会社
サイトマップお問い合わせ検索
Powered by QS Rainbow
ニュース イベント 製品情報 会社情報 リクルート
 
HOME > 最新ニュース一覧 > ニュースリリース
ニュース
最新ニュース一覧
ニュースバックナンバー
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年以前
メルマガ配信申込はこちら
お問い合わせはこちら
 
 
bar

ニュースリリース

bar

Java開発フレームワーク「楽々FrameworkII体験版」の無償ダウンロード開始

2005年12月6日
住友電工情報システム株式会社

 住友電工情報システム株式会社は、基幹Webシステムの開発期間とコストの大幅な削減実現するJava*1開発フレームワーク「楽々FrameworkII」の体験版のダウンロードサービスを12月6日より開始しました。また、このダウンロードサービスも含めた体験キャンペーンを12月6日より来年3月末まで実施します。体験キャンペーンとして、製品説明会や体験セミナーも同時に開催することで、楽々FrameworkIIによるJava開発の高品質・高生産性をより多くの人に訴求していきます。

 楽々FrameworkIIは、複雑な処理を実現できるコンポーネント組立型開発により、ノンプログラミングで業務処理の大部分を稼動できます。これによりプログラム設計工数は従来に比べ、約3分の1に圧縮できます。さらに、データベースの設計を完了後、すぐに試作プログラムを自動生成・稼動できるために、Javaでそのままシステム構築する場合に比べて、約10分の1の時間で高品質なプログラムを作成可能です。2002年12月に発売を開始して以来、中堅から大企業の情報システム部門やシステム開発会社を中心に約70社に導入頂いております。本年10月にはJavaの標準機能セットであるJ2EE*2のセッション管理やデータベースコネクション管理にも対応した楽々FrameworkIIVer.2.1.1をリリースし、既にJavaシステムを運用されているお客様にも導入いただきやすくなりました。

 このたび、さらに多くのお客様にその利点をご理解頂くため、楽々FrameworkII体験キャンペーンを実施します。このキャンペーンでは、当社のホームページより楽々FrameworkIIの体験版を無償ダウンロードが出来ると同時に、製品説明会と体験セミナーを毎月、東京と大阪で開催します。体験版はWindowsのパソコンで稼動しますので、中に組み込まれたサンプルデータを用いて容易に楽々FrameworkIIを使った開発を体験出来ます。体験版を使用して疑問点が発生した場合や、さらに詳細な情報を得たいお客様には、少人数制の製品説明会と体験セミナーでお客様の疑問や悩みにきめ細かく対応し、製品に対する理解を深めて頂く予定です。

楽々FrameworkII体験キャンペーンで実施する内容は、以下の通りです。

  1. 体験版無償ダウンロード
    住友電工情報システムのホームページより楽々FrameworkIIの体験版が無償でダウンロード出来ます。 サンプルシステムおよび操作方法を記載したチュートリアルも同時にダウンロードできますので、Javaの知識がない人でも、サンプルシステムを参照したり、チュートリアルのガイドに沿って操作を進めるだけで受注登録のJavaプログラムを簡単に作成することができます。また、使用期限である来年3月末までは製品版と同等の機能を使用することができますので、本格的なWeb業務システムを試作してみることも可能で、楽々FrameworkIIの高い生産性を手軽に体験していただくことができます。 なおダウンロードにはユーザ登録が必要です。
  2. 製品説明会
    Java初心者であっても短期間で高度な業務処理プログラムを開発出来る楽々FrameworkIIの特長を、デモを交えて説明します。また、楽々FrameworkIIとの組み合わせで基幹ワークフローシステムを簡単に構築できる「楽々WorkflowII」についても紹介します。 本セミナーは、毎月、東京と大阪で製品説明会を無料で開催します。住友電工情報システムのホームページから参加お申し込みが可能です。
  3. 体験セミナー
    このセミナーでは実際に開発端末上で楽々FramewrokII体験版を使用して、楽々FrameworkIIによる開発生産性の高さを実感して頂きます。講師がご指導いたしますので、Javaに詳しくない方でも安心して体験していただけます。 本セミナーは、偶数月は大阪、奇数月は東京で無料にて開催します。住友電工情報システムのホームページから参加お申し込みが可能です。

 体験キャンペーンは、来年の3月までの実施を予定していますが、好評であれば引き続き継続して実施する予定です。

以 上
*1 Java:米サン・マイクロシステムズが開発したオブジェクト指向プログラミング言語
*2 J2EE:Java 2 Enterprise Editionの略。Javaの機能セットのひとつで基幹システムなどで使用されるサーバに必要な機能をまとめたもの。

楽々FrameworkII体験キャンペーンURL

http://www.sei-info.co.jp/framework/download/index.html



楽々FrameworkII体験版のダウンロードURL

http://www.sei-info.co.jp/framework/download/index.html
※ダウンロードには会員登録が必要です。


楽々FrameworkII体験版の動作環境

ハードウェア CPU:PentiumIII 500MHz 以上
メモリ:384MB 以上
HDD空き容量:200MB 以上
OS Windows2000/XP
ブラウザ Internet Explorer 6.0

インストーラーには以下が含まれます。
 JDK :SUN J2SE SDK 1.4.2_09
 サーブレットエンジン :TomCat 4.1.31
 RDBMS :HSQLDB 1.7.1

楽々FrameworkII体験版の有効期限

2006年3月31日です。それ以降は動作しませんので、ご注意下さい。


楽々FrameworkIIバージョン4.2の動作環境

サーバOS Linux/UNIX/Windowsサーバ
アプリケーションサーバ WebSphere/Oracle Application Server 10g/WebLogic/ WebOTX/Tomcat等
データベース DB2 UDB/Oracle/SQL Server/PostgreSQL
クライアント Internet Explorer or Netscape Navigator

 
  • 楽々Frameworkは、住友電気工業株式会社の登録商標です。
  • Java、Solaris は、米国 Sun Microsystems, Inc. の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
  • Linux は、Linus Torvalds の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
  • WebSphere、DB2 UDB は、米国 IBM Corp. の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
  • Windows2000、Internet Explorer、SQL Serverは米国 Microsoft Corp. の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
  • Oracle は、米国 Oracle Corp. の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
  • Netscape、Netscape Navigator は、米国 Netscape Communications Corp. の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
  • その他、本書に記載されている会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。

住友電工情報システム株式会社の概要

設立 1998年10月1日
資本金 2億円 (住友電気工業(株)100%出資)
従業員数 250名
代表者 代表取締役社長 岩佐 洋司
本社所在地 大阪市淀川区西宮原2-1-3(SORA新大阪21ビル)
事業内容 各種業務用ソフトウェアの開発・販売・保守
パッケージ・ソフトの開発・販売・保守 他

本件に関するお問い合わせ先

住友電工情報システム株式会社 マーケティング室
TEL: 06-6394-6754 Email:mkt@sei-info.co.jp

このページの先頭へ
最新ニュース一覧へ
 
(C)Sumitomo Electric Information Systems CO., LTD.
サイトのご利用にあたって 著作権 商標等 個人情報保護方針