住友電工情報システム株式会社
サイトマップお問い合わせ検索
Powered by QS Rainbow
ニュース イベント 製品情報 会社情報 リクルート
 
HOME > 最新ニュース一覧 > ニュースリリース
ニュース
最新ニュース一覧
ニュースバックナンバー
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年以前
メルマガ配信申込はこちら
お問い合わせはこちら
 
 

ニュースリリース

Webアプリケーション開発基盤「楽々FrameworkII」が
情報化月間2010「情報化月間推進会議議長表彰」を受賞

2010年10月4日
住友電工情報システム株式会社

住友電工情報システム株式会社のWebアプリケーション開発基盤「楽々FrameworkII」が、「情報化月間2010」の情報化促進貢献情報処理システムとして「情報化月間推進会議議長表彰」を受賞しました。

 経済産業省をはじめとする関係6府政(内閣府、総務省、財務省、文部科学省、国土交通省)は毎年10月を「情報化月間」と定め、全国各地で情報化に関するイベントを行うとともに、情報化の促進に貢献した個人や企業、情報処理システムを表彰しています。

 今回、情報化月間推進会議議長表彰を受賞した「楽々FrameworkII」は、システム設計から保守フェーズまで広範囲にわたって品質、生産性の向上とコスト削減を実現するWebアプリケーション開発基盤です。今回の受賞は、開発生産性・品質の向上の実現、長年の保守継続性と豊富な採用実績など、高い生産性・安全性・信頼性が実証されていることが評価されたものです。

 2010年10月1日に東京都港区のANAインターコンチネンタルホテル東京にて開催された記念式典では、情報化月間推進会議議長の牧野力氏より当社社長 白井清志に表彰状が授与されました。

今後も当社は、「楽々FrameworkII」の更なる開発生産性と品質の向上に取り組んで参ります。

以 上

  • 楽々Frameworkは、住友電気工業株式会社の登録商標です。

 

記念式典の模様

<参考資料>

受賞の概要

  1. 表彰の名称
    平成22年度情報化促進貢献情報処理システム表彰
    情報化月間推進会議議長表彰
  2. システムの名称
    Webアプリケーション開発基盤「楽々FrameworkII」
  3. 表彰理由
    業務システム開発のための、プログラム部品とデータ項目部品による部品組立型開発支援システム。部品ベースでの開発手法を採用することにより、プログラムの80%の自動生成が可能になり、開発生産性及び品質の向上を実現。これまでに10年以上の保守を継続しており、大企業を中心として220社の採用実績を有するなど、高い生産性・安全性・信頼性も実証されており、我が国企業の情報化の推進に大きく貢献。
  4. 関連サイト
    <楽々FrameworkIIのWebサイト>
      http://www.sei-info.co.jp/framework/index.html
    <情報化月間2010のWebサイト>
      http://www.johogekkan.jp/

 

住友電工情報システム株式会社の概要

設立 1998年10月1日
資本金 4.8億円
従業員数 380名
代表者 代表取締役社長 白井 清志
本社所在地 大阪市淀川区西宮原2-1-3(SORA新大阪21ビル)
事業内容 各種業務用ソフトウェアの開発・販売・保守
パッケージ・ソフトの開発・販売・保守 他

本件に関するお問い合わせ先

住友電工情報システム株式会社 ビジネスソリューション事業本部 マーケティング室
TEL: 06-6394-6754 Email:mkt@sei-info.co.jp

このページの先頭へ
最新ニュース一覧へ

 
(C)Sumitomo Electric Information Systems CO., LTD.
サイトのご利用にあたって 著作権 商標等 個人情報保護方針