住友電工情報システム株式会社
サイトマップお問い合わせ検索
Powered by QS Rainbow
ニュース イベント 製品情報 会社情報 リクルート
 
HOME > 最新ニュース一覧 > ニュースリリース
ニュース
最新ニュース一覧
ニュースバックナンバー
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年以前
メルマガ配信申込はこちら
お問い合わせはこちら
 
 
bar

ニュースリリース

bar

住友電工情報システムによる、「Oracle Application Server 10g」 上での 「楽々FrameworkⅡ」の稼働検証が完了

2004年03月18日
住友電工情報システム株式会社
日本オラクル株式会社

「Oracle Application Server 10g」上で企業情報システムに最適なWebアプリケーションを高い生産性で構築することが可能に

 日本オラクル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:新宅正明、以下 日本オラクル)と 住友電工情報システム株式会社(本社:大阪市淀川区、 代表取締役社長:内田恒裕、以下 住友電工情報システム)は、 住友電工情報システムが開発したWebアプリケーションフレームワーク「楽々FrameworkⅡ」が日本オラクルの J2EEアプリケーションサーバ「Oracle Application Server 10g」上で動作することの確認を行ってきましたが、 このほど一連の検証が完了しましたのでお知らせ致します。 これにより「Oracle Application Server 10g」上でのWebアプリケーション開発において、 「楽々FrameworkⅡ」の使用が可能となり、COBOLを使った場合の3倍に相当する生産性の向上が図れます。
「Oracle Application Server 10g」と「楽々FrameworkⅡ」が連携することにより、 開発者は従来必要とされていたオブジェクト指向を意識することなく短期間でJavaによるWebシステムの構築が可能となります。 また、これまで開発者が慣れ親しんだ、データベースを中心とする開発手法「DOA(Data Oriented Approach)設計手法」を 活用することで、JavaによるWebシステム構築を速やかに行うことができます。 そのため、Javaの初心者であっても、短期間で高品質なシステムの設計と構築が可能となります。
今後、両社は「楽々FrameworkⅡ」を核にした企業情報システムのWebアプリケーション開発促進のための共同プロモーションを 展開していく予定です。 具体的には、共同でソリューションカタログならびに開発チュートリアルなどの顧客向け販促資料を作成し拡販を行うほか、 両社が主催のセミナーを通して「楽々FrameworkⅡ」および「Oracle Application Server 10g」の浸透を図り、 企業情報システムのWebアプリケーション開発促進を共同で行います。 その第一弾として4月から5月にかけて東京/大阪/名古屋の3地域で両社共催セミナーを実施致します。

以 上

「楽々FrameworkⅡ」について

 「楽々FrameworkⅡ」は、コンポーネントの再利用を実現することで非常に短期間でのシステム構築を可能にした 次世代型フレームワークです。 データベース設計が完了すれば、すぐにプロトタイプのプログラムを自動生成し稼動させることができるので、 Javaでそのまま構築する場合に比べ10倍の生産性を実現できます。 200種類以上の業務コンポーネントはすべてソースで提供され、自社に合わせたカスタマイズも可能です。
「楽々FrameworkⅡ」は、これから、本格的に業務系Webシステムの構築を立ち上げたい企業、あるいは、 Javaでの業務系Webシステムを構築したいが、効率的な開発方法や専門家不足に悩んでおられる企業すべてに対応できるものです。 Javaの専門家がそろわなくても短期間でのシステム構築を実現できます。


Oracle Application Server 10g」について

 「Oracle Application Server 10g」は、変化するビジネス上の要求へ効果的に対応するための基盤をあらゆる規模の企業に提供する、 統合された標準準拠のソフトウェアです。 「Oracle Application Server 10g」はJ2EEとグリッド・コンピューティングの完全なサポート、企業ポータルソフトウェア、 高速なキャッシング、迅速なアプリケーション開発、アプリケーションとビジネスの統合、ワイヤレス機能、 Webサービスなどを単一のパッケージで提供します。
「Oracle Application Server 10g」はグリッド・コンピューティングに最適化されているため、顧客はITシステムにおいて より優れた可用性を実現し、ハードウェアと管理に要するコストを削減することができます。


住友電工情報システム株式会社について

 住友電工情報システム株式会社は、住友電気工業株式会社の情報システム部門を母体として1998年に設立されました。 販売管理、生産管理など多岐にわたる業務のシステム化のコンサルティングからソフトウェアの設計、開発および運用、保守まで、 一貫したソリューションを提供する情報サービス企業です。 特に、最新の情報技術を駆使してインターネットやWebシステムに対応したパッケージ・ソフトの開発、販売に力を入れており、 楽々Framework Ⅱ、楽々Procurement 、Quick Solution、IT資産管理パッケージ等を、多くのユーザーに提供しています。


日本オラクル株式会社について

 日本オラクル株式会社は、オラクル・コーポレーションの日本法人として1985年に設立されました。 国内を拠点とした情報システム構築のためのソフトウェア製品、ソリューション、コンサルティング、サポートサービス、 教育の事業を展開しています。 1999年2月5日に店頭市場へ株式公開、2000年4月28日に東証一部上場。従業員数1,440 名(2003年5月末現在)。
URL : http://www.oracle.co.jp/


 
  • 楽々Frameworkは、住友電気工業株式会社の登録商標です。
  • OracleはOracle Corporation の登録商標です。
  • Javaは米国およびその他の国における米国Sun Microsystems,Inc.の登録商標です。
  • 本文中の社名・商品名は各社の商標または登録商標です。

製品Webサイト

「楽々FrameworkII」 http://www.sei-info.co.jp/framework/index.html

本件に関するお問い合わせ先

住友電工情報システム株式会社 システム営業部
〒107-0051 東京都港区元赤坂1-3-12
TEL:03-3423-5264 FAX:03-3423-5000
Email:rakrak@sei-info.co.jp


日本オラクル株式会社 マーケティング本部 
コーポレートコミュニケーションズグループ 広報 玉川
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート
TEL:03-5213-6144 FAX:03-5213-6990
Email: Takeo.Tamagawa@oracle.com
URL:http://www.oracle.co.jp/press/

このページの先頭へ
最新ニュース一覧へ
 
(C)Sumitomo Electric Information Systems CO., LTD.
サイトのご利用にあたって 著作権 商標等 個人情報保護方針