住友電工情報システム
文書管理・情報共有システム 楽々Document Plus
HOME > 製品情報 > 楽々Document Plus > 活用・導入事例 > 活用事例 > 研究報告書の管理

研究報告書の管理

貴重な知的財産である研究報告書を有効に活用していますか?

研究報告書は、ページ数の多いものが多く、該当のファイルが見つかっていても、欲しい情報がどのページにあるのか分かりません。

研究開発では、類似研究の調査など、他のメンバーの研究成果を探すシーンによく遭遇します。
研究報告書は、個人がそれぞれ保存していることが多いので、ファイルサーバには、深く狭く、細分化された情報が乱立しているのが現状です。

研究の成果を見える化できたら、新しい研究にも役立つはずです。

導入前のイメージ図

楽々Document Plusを導入すると...

楽々Document Plusなら、膨大なページの論文でも簡単に管理・活用ができます。

1

高速ビューワ搭載で、見たいページや見たい部分だけをピンポイントで表示できます。しかも検索でヒットした部分をハイライト表示しているので、欲しい情報がすぐ見つかります。

2

ファイルがどこに格納されているのかわからなくても、探したい文書を検索することができます。

3

文書の種類に応じて閲覧・編集の権限設定ができるので、厳格に管理したい報告書も安心して登録できます。

導入後の報告書登録のイメージ図
ページの先頭へ